FC2ブログ

最近の記事

プロフィール

hayatomaru

Author:hayatomaru
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

ハヤカワH.P.

hayatomaruが行う水まわり工事・リフォームの会社「ハヤカワ」のホームページです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウンウォッチ 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く!!

こんにちはhayatomaruです!!
今日は少し曇っていますが、まずまずの天気ですね~
11.6(日)はタウンウォッチング!!
蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く!!

akogare1[1] 

これはある時やってきたヨーロッパ人の一行を描いた屏風絵です!!
真中に大きな日傘をさしているのがこの一団の司令官~そのうしろの人たちが乗組員です。
良く見るとヨーロッパ人ではない人も含まれているね~
「黒人がいます」この人は何でしょうか
「奴隷」 何だよね~
ヨーロッパ人たちの奴隷として使われているわけだ!!
ところでこの一行はトラや犬や馬も運んできたね。
このトラなんかどうするんだろう~

akogare2[1]

「17世紀前半の京都四条河原の歌舞伎見物客」↑

南蛮ファッション~

戦国時代のファッションもなかなか粋ですな~

長いキセルとか、ひだえりなんて着けちゃって!!

戦国時代本当に行ってみたいです~

それでは又ね  hayatomaru  より


スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

室町時代の後半が戦国時代

こんにちはhayatomaruです!!

11.6(日)はタウンウォッチングですね!!

そう言えば~

戦国時代とは室町時代の後半だったんですね~ 
 
1543年:ポルトガル人が日本に鉄砲を伝える!!

そして長篠の合戦では東三河衆と織田鉄砲衆が
一緒になって活躍したんですね~

下の図面 わかりにくいとは思いますが~
野戦築城陣地の平面図と断面図です!! 


                 武田軍
                 ↓↓↓
sinnkoku1[1] 

ヨーロッパ式の野戦用の城と3000丁の鉄砲を用いて、
当時日本最強といわれた武田軍13000を
ほぼ全滅させた織田信長!!

sinnkoku2[1] 
(「長篠・設楽原合戦の真実」雄山閣刊より)

鉄砲の国内の生産地は3ヶ所だったんですね~
①堺の町 ②根来の町 ③国友の町 
「ぜんぶ信長の領地!」

sinnkoku3[1]
 

すごいですね~
東三河衆が一緒にいるところがイイ!!


この話はまだまだ続きます~ それでは又ね  hayatomaru  より


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

絆 姜尚中

こんにちはhayatomaruです!!
とは、断つことのできない人と人との結びつき!!
姜尚中 
 
姜尚中講演会!!
大ホールもいっぱいになり~すばらしかったですね!!
2011092319550000.jpg
は離れないよう繋ぎとめる綱の意味から、家族や友人など
人と人を離れがたくしている結びつきを言うようになった~


難しいことはわからないけど、今の日本は

絆が薄くなってきたんだよね~

でもまだ今なら遅くない!! 見直すべき~

その点蒲郡ライオンズ~意外と絆が深いかも!!

それでは又    hayatomaru  より

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

蒲郡市の市章は「竹谷平松家の紋章・一引両」だった。

こんにちはhayatomaruです!!
またまた台風接近~今年は本当に多いです!!

マルイチ マーク~

蒲郡市は、竹谷松平家が使用していたために、
「一引両」を採用したとある!! 

 蒲郡市市章

『竹谷松平家(たけのやまつだいらけ)は、松平信光の長男の松平守家を祖とする松平氏の庶流なんです~

三河国宝飯郡竹谷(蒲郡市)を領したことから竹谷松平家と称する!!

松平氏の分家では、最も古く、代々松平宗家に貢献した。』(Wikipedia)

この、竹谷松平家が新田氏の家紋である一引両紋を使っていたらしいです!! 
 
よく見てみると実にシンプルで格好イイですね~

日の丸 

「日の丸」のデザイン自体は、平安時代ころにはすでに存在したようです~

戦国時代にはわりと広まっていて、武田信玄や伊達政宗らが旗印につかったりした!!

日の丸も実にシンプルで最高にイイよね~

こんなことも発見できるなんて~

戦国時代ますます行ってみたくなります!!

それでは、つづきは又ね~hayatomaru  より


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

たったの400年前 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く

こんにちはhayatomaruです!!

1570年代の日本~今からたったの400年前です!!

tizu-1570a1.gif 
↑1570年(元亀元年)頃の諸 大名勢力地図-

東日本
加熱する戦国乱世。諸大名た ちの所領石高数は、
直接動員
可能兵力数を決める。

諸大名の石高からいかほどの

兵力を動員出来たのか!!
tizu-1587a1.gif 
↑1587年(天正15年)の諸大名 勢力地図

織田信長の跡目を継いだ豊臣 秀吉は、拮抗勢力を畿内より
除し、畿内、北陸、四国と次々と 地方の統一を果たす。

中部地方も統一すべく徳川家康 と戦ったが
武田信玄譲りの野戦 上手のため、統一を断念。

懐柔 策を展開して、毛利氏、上杉氏 に継いで、
徳川氏も懐柔外交で 豊臣氏の傘下に治めた。

九州制覇に王手をかけた島津氏 に対し、
豊臣氏の九州征討戦が 展開されようとしていた。

tizu-1580a1[1] 
↑1580年頃の西日本の勢力図。

九州地方では、島津氏・大友 氏・龍造寺氏による三国鼎立時
代を迎え、中国地方では、近畿 地方を完全に抑えた織田氏が

中国地方へと侵攻し、中国地方 の雄・毛利氏と熾烈な
戦いを巻 き起こしている。

四国地方では、長宗我部元親 四国制覇戦に日々、
明け暮 れている。

tizu-1573a1[1]

↑1573年頃の東日本勢力地図。

畿内を平定した、織田信長であったが、
未だに武田氏の勢力は脅威であった。

武田氏は、信玄存命中に最大領土を獲得するが、
信玄没後は、しばら
く織田・徳川氏の様子を伺うようになる。

関東では、北条氏が着実に領土拡大戦を展開していた。
北陸地方に徐々に勢力を拡大して行く上杉氏。

奥州では、伊達政宗の台頭を待つ状態が続く。

いやいや たった400年前 こんなんだったとはね~

まだまだ戦国の旅を続けなけれはならぬ!!

       hayatomaru   より


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

下ノ郷城 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く

こんにちはhayatomaruです~

11月6日(日)はタウンウォッチングですね!!

犬山城              これは犬山城↑

蒲郡中央埠頭~不相城跡~西ノ郡松平邸跡~下ノ郷城跡~

長存寺~天桂院~ 上ノ郷城跡(昼食・発掘状況説明あり)~全保寺

~竹谷城跡~竹谷松平氏墓地~犬飼湊~博物館~蒲郡中央埠頭


下ノ郷城 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く!!

下ノ郷城博物館 
下ノ郷城移築復元門

築城年代は定かではないが、天正年間に周辺地域を治めていた
鵜殿長存によって下ノ郷鵜殿氏の居城として築かれたことから始まる。

周囲一帯は別名で下ノ郷と呼ばれ、もっと広い範囲では
西郡とも呼ばれた。

下の郷とは上の郷に対して呼ばれた名前である。

永禄5年(1562年)、東三河の統一を目指す松平元康が
攻め寄せて来ると松平氏に降伏した。

現在、城址には蒲郡高校が建てられている。

oichi[1]                                           戦国時代のアイドルお市の方!

いやいや蒲郡は本当に歴史がありますね~

戦国時代のお話はまだまだ続きますぞへ!!

それでは又ね   hayatomaru   より


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

東三河衆 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く

こんにちはhayatomaruです!!

戦国時代の東三河衆もがんばっていますね~ 長篠の合戦!!

自分も前世は武将だったとのこと~他人事ではありませぬ(笑)


長篠の合戦 

戦闘開始は朝6時、先陣は山県隊。連合軍の右翼、徳川勢を攻撃。

このときたぶん、『戦場を間近でみると』で書いたように、鉄砲玉をかい
潜るように前進し弓矢や鉄砲を山県隊も撃ったに違いない。

徳川勢は織田勢と比べると兵力、兵器は劣っていると思われ、総勢
約7千、多く見積もっても9千程度で、酒井隊(東三河衆)が鳶ノ巣

攻略に回っているので、弾正山、川路市場付近に陣取った徳川軍は
本隊(旗本先手役|本多・大久保等)、及び西三河衆(信康、石川数正等)
合わせて約四~六千程度と思われます。火縄は三百丁程度でしょう。
多くて五百丁ぐらいだったと思います。

nagashino2[1] 

本体(西三河衆)、酒井隊(東三河衆)が鳶ノ巣 攻略!!

西三河衆も東三河衆もメチャクチャ願晴ってますね~


nagashino5[1] 

徳川東三河衆も連吾川付近には陣取りをせず、
決戦前夜から鳶ノ巣攻略へ向かっています。

このように見ると、大きな戦力差がないと判断したから武田軍は
戦いを挑んだといえます。

当然ながら長篠城を取るために敵の後詰を叩く必要もあった
ことも理由としてあったと思います。

また堅固な陣城も築かれておらず、
街道を封鎖する程度であったのでしょう。

勝つ可能性を見出したから、
主力を連吾川方面に展開させたと思います。 
 
東三河衆  蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く!!

いやいやもドンドンのめり込みますぞへ~

それではつづきは又ね  hayatomaru   より


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

竹谷城 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く

こんにちはhayatomaruです!!

今日もイイ天気~残暑厳しいですね!!

スカイツリー

スカイツリー いやいや~これだけ離れても高いですの!!
高さ 634m (電波塔),約160m (オフィス棟) ~

広島城          クリックで拡大↑

あちこち飛びますが、これは広島城!!
蒲郡にもこのぐらいの城があったらいいのにね~

竹谷城跡 ← クリックで拡大

竹谷城は、天文17年に松平守家によって築かれ、
以後竹谷松平氏の居城となった。
 
天正18年、竹谷松平家清は、家康の関東移封に従い
武蔵八幡山1万石へと移り、その後竹谷城は廃城となった。

慶長17年、吉田城主竹谷松平忠清が無嗣子により改易され、
忠清の弟清昌が名跡相続して5千石を領する交代寄合として
蒲形城の一角に陣屋を構え、明治に至った。

戦国時代 ← クリックで拡大

いやいや現在のスカイツリーも戦国時代のお城もすばらしいですね~

それではまたね   hayatomaru  より

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

犬飼湊 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く

こんにちはhayatomaruです!!

知れば知るほどココ蒲郡の地は奥深いですね~

犬飼湊画像          クリックで拡大 ↑

蒲郡にこんな歴史的な港『湊』があったなんて~

犬飼湊跡             クリックで拡大 ↑

犬飼湊は、かつて三河五湊の一つに数えられていたほどの
大きな湊であった。

ここは現在の厚生館病院付近から、競艇場にかけての広い地域に
渡っていたが、重なる地震で土地が隆起し、湊としての
機能が失われた。

また、西の郡の三好氏の隆盛に伴い商業の中心が西の郡に移り、
しだいに犬飼湊は寂れていった。

戦国時代には、今川の人質となってこの湊から竹千代
(徳川家康 当時6才)が船出したり、
大阪の陣に徳川秀忠が出港したりして、歴史に名高い湊であった。

湊モノクロ

いやいや 今回も楽しい旅でした~

それではまたね   hayatomaru  より



テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

不相城パノラマ  蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く

こんにちはhayatomaruです!!
台風も反れて秋晴れイイ天気ですね~


不相城パノラマ 
←クリックして ② ③ クリックでパノラマ!!

姫路城 これ姫路城!!

こうしてパノラマで見てみると

蒲郡の街って本当にすばらしいです!!span>

・ 天文21年(1552)加藤家が市を開き町づくり
をした。(上ノ郷合戦の10年前)

・ 嘉永2年(1849)蒲形村の「町」が分離して
「西ノ郡町」が正式名称になる。

・ 明治2年(1869)「西ノ郡町」は「西ノ郡村」
となる。

・ 明治9年(1876)「西ノ郡村」と「蒲形村」が
合併して「蒲郡村」となる。

蒲郡市史の資料編には、明治15 年の県通達に
よる各村の戸長(村長に当たる)が県知事に提出した

各村地名表の蒲郡地方を見ますと、蒲郡村と
竹谷村に“町” という字名があり、

その地名地図には混同を避ける為か、蒲郡村の町は
“本町”とあり竹谷村の町は“元町"となっていました。

蒲郡も町に至るまで、こんな歴史があるとは~

それではまた今度!!  hayatomaru  より


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

続 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く!!

こんにちはhayatomaruです~

台風!! ちと反れているみたい~

しかしながら、明日の下見中止で残念!!

続 蒲郡の戦国時代ゆかりの地を歩く!!

戦国時代~面白そう、一度行ってみたい~

戦国地図(クリックすると拡大できまする)~

私の前世は武将だったとのこと~笑

11月3日のタウンウォッチングはすごいんです !!

なんたって 戦国時代ゆかりの地を歩く!!ですから

蒲郡中央埠頭~不相城跡~西ノ郡松平邸跡~下ノ郷城跡~長存寺~天桂院~

上ノ郷城跡(昼食・発掘状況説明あり)~全保寺~竹谷城跡~竹谷松平氏墓地~ 犬飼湊~博物館~蒲郡中央埠頭

タウン(クリックすると拡大さらに拡大できまする)~

11.6 タウンウォッチング!!

9月12日(月)より申込み受付です!!span>

楽しそう~ L 市川利男 も 願晴っていますぞ!!

それでは また hayatomaru より

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

姜尚中

こんにちはhayatomaruです!!

今日から9月 旧暦9月では長月(ながつき)と呼びますね~

台風の進路が気になります!!

姜尚中

この人は誰でしょうか??

姜 尚中(カン サンジュン)

朝鮮語:강 상중。英語:Kang Sang-jung。
1950年8月12日 - )は、日本の政治学者。

日本名は永野 鉄男(ながの てつお)。
日本式の音読みでは姜 尚中はキョウ ショウチュウ。

東京大学大学院情報学環教授、東京大学現代韓国研究センターセンター長。
国籍は韓国。

国際基督教大学準教授、東京大学社会情報研究所教授などを歴任した。

なんかすごい人みたいですね~

テレビでは見たことある!!

001姜尚中(クリックすると拡大します)

9.23 姜尚中 講演会!!

L 牧 信男 願晴っていまする!!

大ホール 中ホール 満員になるとイイですね~

それでは また  hayatomaru  より

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。